アクセスカウンタ

雑気雑記

プロフィール

ブログ名
雑気雑記
ブログ紹介
雑気雑記はもう20年以上、細々と続けてきた雑記です。
その4以降をこのblogにちょこちょこ載せることにしました。
その3までを読みたい方は下記URLまでどうぞ(*゜ー゜*)/

駿河屋伝兵衛
http://www5e.biglobe.ne.jp/~denbei/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
作法 … やさしさ
  テレビを見ていたら、俳優とアナウンサーが禅寺に一泊修行に入る番組をやっていた。 先ずは住職と語らいながら美味しい精進料理コースに舌鼓を打つところまでは良かったが、その後が大変。 普段の立ち方や歩き方、手の位置も決められている。 粗末とも思える食事。 お椀の持ち方、箸の使い方、口への運び方、お椀のすすぎ方、、、、、 一秒たりとも自由に動けないほど細かな作法が決まっている。 座禅では、更なる細かな、多くの決まりごとを守らねばならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/24 11:41
八岐大蛇
ヤマタノオロチは、胴体は一つだが頭と尾が8つづつあったという。8匹の蛇が胴体一つと見違えるほどのコラボレーションをしていたのだろうから、さぞ恐かっただろうと思う。九頭竜も同じか。 でも、今の時代にこれらが出てきたらどうか。現代の頭が制御するのは頭の働きそのものと口数。噛むわけでも、火を吐くわけでもなかろう。尾は尾で胴体の動きに引き摺られてズリズリするだけ。8匹に分かれれば其々なりの働きくらいはするだろうに、変に胴体が一つに縛り付けられているので動きもままならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 11:07
ラジオを叩いて直す
  駿河屋が子供の頃、ラジオは家に一台しかなく、棚の上に鎮座していた。 時々鳴らなくなると、親父殿がケースをドンドンと数回叩いて直していた。しばらく使うと内部のどこかが接触不良になるが、叩いて振動させると接触が回復したのだ。ラジオばかりではなく、テレビもそうだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 22:20
自由雲台
  カメラ好きの駿河屋が良くお世話になる道具だ。主に、一脚という三脚の脚が一本しかない棒の先につけて使っている。雲台は、三脚の先に取り付けてカメラを固定すると同時に、カメラを前後や左右に傾けたり、水平に回転させるのに使う道具。まさにカメラを雲の上に乗せたように?軽々と動かせて便利だ。   普通の雲台は、3本の軸にレバー(つまみ)が付いていて、一本は前後の傾き、もう一本は左右の傾き、もう一本で水平回転を操作したり、留めたりする。   自由雲台に軸は無い。金属のボールにカメラを固定する台座と、操... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/19 08:12
最新型エレベータ -- 万人の幸せは --
駿河屋の事務所は11F。このビルのエレベータは高度群制御の最新型で、数台のエレベータが各階の状況(呼びボタンとか行き先階指定とか)を検知し、コンピュータで計算して動いている。 エレベータを利用する人を最も効率よく目的階に届けるための知恵だというし、事実その通りなのだろうが、これがとんでもない代物だ。 呼んでもなかなか来ないし、(人が待っている階を通過するのを隠すためにか)現在階ランプも付いてない。 その結果、何の情報も与えられずに、ただイライラしながら待つしかない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/18 10:22
クライオニクス 2006.2
死の直後の人体を冷凍保存し、病気などの治療法が確立した時期に蘇生させようという技術の試み。1967年1月12日に冷凍された James Bedford博士が最初で、現在約100名がアメリカを中心に冷凍保存中だという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 08:44
小原庄助さん
朝寝、朝酒、朝湯で身上を潰したとされる小原庄助さん。 こんなことで身代を潰すなら、今の日本は破産者だらけ。 どんな時代背景がこの歌を生んだのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 15:26
等身大
  ルネッサンスの偉人レオナルド・ダ・ビンチは絵を好み、名画モナリザを描いた。 彼は一枚の絵に四季を描き込むことにより神にも成し得ぬ事を楽しむと洩らしたというが、今の我らは絵ならぬ実物の四季の花で室内を飾り、世界・山海の珍味を同じ食卓に載せている。 これは神に叱られる所業か? いや、そんなことはないと思う。 神は自然を等身大に作った。人間の頭はこれを好きにズームアップ、パン、フェード、切り抜いて楽しむ。 更には、現在だけでなく、過去の記憶、未来の予測・期待まで含めてごった煮にする。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 23:18
箸 2006.1
  今まで何も意識せずに箸を使ってきたが、箸って本当は凄いかもしれないと思った。 箸は食べ物をつまんで口に運ぶだけの機能。事前に調理され、口に運びさえすればいい形=料理が食卓に並んでいることが大前提のこれは道具だ。   対してナイフ&フォークの西洋箸。突いて・切って・また切ってと食卓で調理しながら食うのだ。これ獲物を捕らえて噛り付く歯の代わりそのまんま。   農耕民族と狩猟民族/魚食か肉食かの差、そのまま食べられるかor火を通さぬと食えないものを主に食べたかの差と考えるのが理解しやすいが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/01 10:30
優先度 2006.1
会議中に小便がしたくなってトイレに走りながら考えた。 身体は一つ。人間の行動は優先度の高い順からだが、優先度って何で決まるのだろうか。 この場合、駿河屋が席を外したわずかな時間に押し切られてしまうかもしれない利害が絡む重要な会議。でも刻々と迫り来て強さを増していく生理的欲求には勝てず、遂に<タンマーッ!>と叫んで走り出した次第だ(^o^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/31 17:31
雑気再開
このblodgしばらくさぼっていたが、再開しようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/31 15:30
宇宙人とUFO 2006.1
  年末年始の特別番組の一つに、宇宙人やUFOが必ず登場する。駿河屋はO-Partsや滅び去った古代の高度科学文明の話には心情的に賛成で、その証拠らしいものが現われるたびにワクワクするが、UFOに乗った宇宙人が地球を偵察に来ているとか、実は米国には軍に保護された宇宙人が住んでいるなどという話はどうも頂けない。   これを発言している人達が怪しいとか、証拠が甘いということではなく、将来、地球人がもし宇宙を自由に旅する能力を身につけたとして類推してみるに、そんなことがありそうな気がしないのだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/05 21:28
横断禁止 --眼力-- 2006.1
  わが町の駅前再開発工事が佳境に入っている。 3年計画の大工事で、元の駅前は工事中で立入禁止。迂回路が作られたが、元の駅前信号の隣の信号を通るように作られたので100m以上の遠回り。朝の通勤時にはかなりのダメージだ。   そこで、信号と信号の中間位にあるガードレールの切れ目を渡る人が多い。駿河屋もその一人(^o^; 信号が連動なので両方同時に赤になると信号と信号の間は車が動かず、実質安全なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 22:44
人口減少 2005.12.23
  厚生労働省が22日に発表した人口動態動向で2005年の人口は約1万人の減少になると、今日のテレビで報道された。   今年は死亡者数107万7000人(前年比+48000人)に対して出生数106万7000人(前年比-44000人)だったという。予測では2006年に逆転だと思っていたが、春に流行した鳥インフルエンザで20000人も死亡者数が予測より多かったという。   もっともこの人口減、1975には夫婦の平均出生子供数が2人を割って以来、急激な減少を続けていた(最近は1.3人台)ので遅かれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/03 21:38
エチオピアで海の誕生の兆し報道  2005.12.11
  BBC放送が、エチオピアの東北部アファール砂漠に海の誕生の兆しを見たというニュースを流した。9月の大地震の影響で、砂漠に長さ60km、(最大)幅8mの断裂が急激に広がったというのだ。この断裂が大きくなり、数百万年後には遂にアフリカが二つの分かれるというのだ。   この現象そのものは非常に興味深いが、<エチオピアが海で分断されてアフリカ大陸と紅海に浮かぶ島に分かれる>(゜○゜)!という報道の仕方はいただけないと思う。   アイキャッチャーとしては素晴らしいワーディングだが、これはえらく遠い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 18:47
ふるいけや 2005.6
  ふるいけや かわづとびこむ みずのおと  大阪平野の南部、溜池の多い田舎で育った駿河屋の子供の頃。この句を学校で習い、早速カエルが飛び込む音を聞こうと池に出かけた。   カエルを見つけては飛ぶのを待ってみるが、なかなか飛び込まない。待ちきれずに大きな足音を立てて池の縁を歩くと、蛙達がボチャボチャ池に飛び込んで逃げるが先生の解説にある<静けさ→微かな音→再静寂=静けさを一層引き立てる小さな音、池に広がる小さな波紋。>には程遠く、途方にくれたのを思い出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/28 21:44
地球の回る音 2005.11
草に寝て 聞こうよ地球の 回る音 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/25 22:44
秋の日はつるべ落とし 2005.10.10
  秋の日はつるべ落としという。 確かに、秋の日は日暮れが早い気がするが本当かと思って調べてみた。横浜で一年で一番日照時間が短い冬至は12月21日(日の出6:43、日没16:32だから9時間46分)だが、その前後で日の出と日没が対称的に同じ時間だけ長くなっているのではないのだ。   実際には、日の出が最も遅いのは1月7日の6時51分、日没が一番早いのは12月6日の16時29分と、かなり位相がずれている。冬至より2週間も早く日没時間は最早となるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 23:28
喫茶店ドレミ --定点観測-- 2005.9
  酒を飲まぬ駿河屋に行きつけの飲み屋はないが、古馴染みの喫茶店はある。 数人座れるカウンターと4人掛けテーブル4脚の小さな店をマスターがたった一人で切り回している。朝一杯のドレミのコーヒーで一日が始まり、夕方のドレミのコーヒーでその日の締め括りという毎日だった。   駿河屋の指定席はカウンターの一番奥・ウォータークーラーの真横。片肘を張ってはいるが、実はひ弱で多感な19歳だった駿河屋青年が年を経、変化していく様を40年間にわたって見守ってくれた席だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/23 22:28
質と量 2005.8
  情報洪水の時代と言われるようになって久しい。 座っているだけで、凄い量の情報が流れてくる。使いきれない情報であふれている。この傾向は、ますますのエレクトロニクス技術の発達で放送、通信、コンピュータ、インターネット等々と、とどまる所を知らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 21:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

雑気雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる