雑気雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人口減少 2005.12.23

<<   作成日時 : 2006/04/03 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  厚生労働省が22日に発表した人口動態動向で2005年の人口は約1万人の減少になると、今日のテレビで報道された。
  今年は死亡者数107万7000人(前年比+48000人)に対して出生数106万7000人(前年比-44000人)だったという。予測では2006年に逆転だと思っていたが、春に流行した鳥インフルエンザで20000人も死亡者数が予測より多かったという。
  もっともこの人口減、1975には夫婦の平均出生子供数が2人を割って以来、急激な減少を続けていた(最近は1.3人台)ので遅かれ早かれではあったが、ついに来るべきものが来たのだ。

  調べてみると、明治維新時(1867年)の人口は3000万人。駿河屋が生まれた1946年の人口は約7300万人だからこの80年間で4300万人増えて約2.4倍。
  その後、現在までの60年間で更に6500万人増えて12800万人と1.75倍(明治維新からみると通算130年で約4.3倍)にもなっている。過去60年間を平均すると毎年約100万人以上も増えてきたのだw(゜o゜)w

  今後どのような減少カーブになるかのポイントは、(死亡数の推定はかなりの確度で当たるので)出生数がどうなるかで決まる。子供達がどんな時代を過ごすのかはうっすらと見えるような気もするが、孫のYちゃん達、その子供達の時代がどうなっているか。決して生きては見られぬ50十年後を、垣間見てみたい気もする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人口減少 2005.12.23 雑気雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる